広島県福山市(備後地域)の元気な地場産、瀬戸内からではの誇れるうまいもの、銘品、産品がいっぱい
ホームに戻る

福山物産協会に電話をかける

閉じる

情報更新一覧

Home会社情報商品情報

こだま食品(株) 商品情報

有機 高原のごぼう茶
会社名 こだま食品(株)
商品名 有機 高原のごぼう茶
商品特徴 世羅町の自社有機農場で育てたごぼう100%。 ティーバッグタイプでカップでも淹れやすい。1包で2回お楽しみいただけます。やかんなどで煮出す場合はひもをカットして煮出してください。 ふだん使いのお茶として毎日飲んでいただくことで、手軽に食物繊維が摂れます。

 

有機のごぼうのみで作られた健康美茶高原のごぼう茶は、広島県の世羅高原で生まれました。世羅高原は朝晩の寒暖の差が激しく、森から湧き出した澄んだ水が流れる、美しい自然に囲まれた場所です。わたしたちはこの場所で、一本一本手間暇かけて育てた有機ごぼうを育てています。豊かで厳しい自然環境で生まれた「有機高原のごぼう茶」を是非お召し上がりください。広島県の山間部、世羅郡世羅町の標高500mの高台に農場があります。ここは朝晩の寒暖の差が激しく、野菜の栽培に適した土地。周辺には森から湧き出した澄んだ水が流れ、世羅台地を潤します。この豊かで厳しい自然環境が、おいしい野菜を育てるのに最適なため、この台地に自社農場を作りました。有機栽培へのこだわりおいしいごぼう茶の栽培は土づくりから始まります。有機栽培とは2年以上農薬を一切使ってない土地を耕し、化学肥料を全く使わない栽培方法です。除草剤も使わないため雑草がどんどん生え、それを人の手で丁寧に取り除いていかなければなりません。使用した肥料や機械・資材・作業の工程を全て記録し、年1回の審査を受けます。この厳しい審査に合格して初めて「有機JAS」認証を受けられるのです。飲みやすさへのこだわりごぼうの成分を安心して体に取り入れることが出来るのは、有機栽培・有機加工だからこそです。ごぼうは通常水洗いや皮むきしますが、当社のごぼうは無農薬で皮付きのまま焙煎でき、そこに含まれる大切な栄養をほとんど逃すことなくお茶にすることが出来ます。ふだん使いのお茶として毎日飲んでいただくことで、手軽に食物繊維が摂れます。
有機のごぼうのみで作られた健康美茶
 
高原のごぼう茶は、広島県の世羅高原で生まれました。世羅高原は朝晩の寒暖の差が激しく、森から湧き出した澄んだ水が流れる、美しい自然に囲まれた場所です。わたしたちはこの場所で、一本一本手間暇かけて育てた有機ごぼうを育てています。豊かで厳しい自然環境で生まれた「有機高原のごぼう茶」を是非お召し上がりください。
広島県の山間部、世羅郡世羅町の標高500mの高台に農場があります。ここは朝晩の寒暖の差が激しく、野菜の栽培に適した土地。周辺には森から湧き出した澄んだ水が流れ、世羅台地を潤します。この豊かで厳しい自然環境が、おいしい野菜を育てるのに最適なため、この台地に自社農場を作りました。
有機栽培へのこだわり
おいしいごぼう茶の栽培は土づくりから始まります。有機栽培とは2年以上農薬を一切使ってない土地を耕し、化学肥料を全く使わない栽培方法です。除草剤も使わないため雑草がどんどん生え、それを人の手で丁寧に取り除いていかなければなりません。使用した肥料や機械・資材・作業の工程を全て記録し、年1回の審査を受けます。この厳しい審査に合格して初めて「有機JAS」認証を受けられるのです。
飲みやすさへのこだわり
ごぼうの成分を安心して体に取り入れることが出来るのは、有機栽培・有機加工だからこそです。ごぼうは通常水洗いや皮むきしますが、当社のごぼうは無農薬で皮付きのまま焙煎でき、そこに含まれる大切な栄養をほとんど逃すことなくお茶にすることが出来ます。ふだん使いのお茶として毎日飲んでいただくことで、手軽に食物繊維が摂れます。

有機のごぼうのみで作られた健康美茶高原のごぼう茶は、広島県の世羅高原で生まれました。

世羅高原は朝晩の寒暖の差が激しく、森から湧き出した澄んだ水が流れる、美しい自然に囲まれた場所です。わたしたちはこの場所で、一本一本手間暇かけて育てた有機ごぼうを育てています。豊かで厳しい自然環境で生まれた「有機高原のごぼう茶」を是非お召し上がりください。

広島県の山間部、世羅郡世羅町の標高500mの高台に農場があります。
ここは朝晩の寒暖の差が激しく、野菜の栽培に適した土地。周辺には森から湧き出した澄んだ水が流れ、世羅台地を潤します。この豊かで厳しい自然環境が、おいしい野菜を育てるのに最適なため、この台地に自社農場を作りました。

有機栽培へのこだわり

おいしいごぼう茶の栽培は土づくりから始まります。有機栽培とは2年以上農薬を一切使ってない土地を耕し、化学肥料を全く使わない栽培方法です。除草剤も使わないため雑草がどんどん生え、それを人の手で丁寧に取り除いていかなければなりません。使用した肥料や機械・資材・作業の工程を全て記録し、年1回の審査を受けます。この厳しい審査に合格して初めて「有機JAS」認証を受けられるのです。飲みやすさへのこだわりごぼうの成分を安心して体に取り入れることが出来るのは、有機栽培・有機加工だからこそです。ごぼうは通常水洗いや皮むきしますが、当社のごぼうは無農薬で皮付きのまま焙煎でき、そこに含まれる大切な栄養をほとんど逃すことなくお茶にすることが出来ます。ふだん使いのお茶として毎日飲んでいただくことで、手軽に食物繊維が摂れます。


有機のごぼうのみで作られた健康美茶 高原のごぼう茶は、広島県の世羅高原で生まれました。世羅高原は朝晩の寒暖の差が激しく、森から湧き出した澄んだ水が流れる、美しい自然に囲まれた場所です。わたしたちはこの場所で、一本一本手間暇かけて育てた有機ごぼうを育てています。豊かで厳しい自然環境で生まれた「有機高原のごぼう茶」を是非お召し上がりください。広島県の山間部、世羅郡世羅町の標高500mの高台に農場があります。ここは朝晩の寒暖の差が激しく、野菜の栽培に適した土地。周辺には森から湧き出した澄んだ水が流れ、世羅台地を潤します。この豊かで厳しい自然環境が、おいしい野菜を育てるのに最適なため、この台地に自社農場を作りました。


有機栽培へのこだわり


おいしいごぼう茶の栽培は土づくりから始まります。有機栽培とは2年以上農薬を一切使ってない土地を耕し、化学肥料を全く使わない栽培方法です。除草剤も使わないため雑草がどんどん生え、それを人の手で丁寧に取り除いていかなければなりません。使用した肥料や機械・資材・作業の工程を全て記録し、年1回の審査を受けます。この厳しい審査に合格して初めて「有機JAS」認証を受けられるのです。


飲みやすさへのこだわり


ごぼうの成分を安心して体に取り入れることが出来るのは、有機栽培・有機加工だからこそです。ごぼうは通常水洗いや皮むきしますが、当社のごぼうは無農薬で皮付きのまま焙煎でき、そこに含まれる大切な栄養をほとんど逃すことなくお茶にすることが出来ます。ふだん使いのお茶として毎日飲んでいただくことで、手軽に食物繊維が摂れます。